portfolio

store in history

リニューアルサイト

Design/Coding

URL:https://storeinhistory.portfolio-asano.jp/

制作期間:2ヶ月

作業環境:Photoshop/Dreamwever/

使用言語:HTML/CSS/JavaScript

概要

古着屋さん特有の雰囲気をサイトから感じ取ってもらいたい

  • 現地(アメリカ)で直接買い付けをしている店舗が
    珍しいため強調して書きました。
  • 自由配置をし読み手に飽きさせないよう工夫をしています。
    文章と画像を組み合わせてZ字型のレイアウトを意識して作成しました。

現サイトの問題点

01 | TOPページに情報が少ない。
(こだわりポイントが少ない)

02 | 3店舗分の情報が混在している。

03 | コンテンツの中身が分かりにくい

ペルソナ

ターゲットユーザー

01 | 20代〜30代 男女(学生さん、社会人)
02 | 古着が好きな人
03 | 興味があるけど、買ったことはない人(潜在顧客)
04 | ブランド品を安く手に入れたい
05 | 個性的なファッションを好む人
06 | 閲覧時間帯:7:00~9:00、12:00~13:00、20:00~23:00
07 | 使えるお金の額:3,000円前後 MAXでも20,000円

コンテンツアイデア

JavaScriptでサイト全体に動きをつける

お店のできた歴史や、取扱商品など既存サイトに書いてあったものの文章が
並んでいるシンプルなデザインでしたので目に留まりずらいと感じたため。
また数行の文章で区切ることで読みやすくしました。

Google mapの追加

大須商店街から離れていることもあり、実際に店舗を訪れようとした場合
「場所が分からず迷う」

「正確な場所が分からないから行けない、行かない」
を回避することができる。
また、入った事がないお店に入りずらいという方向けに
「Googleストリートビュー」をいれ、
事前にお店の雰囲気を知ることができるようにしました。